ホーム > 認証医療機関検索 > 認証医療機関一覧 > 認証医療機関 審査結果

認証医療機関 審査結果


医療機関概要

医療機関名 神戸大学医学部附属病院
郵便番号 650-0017
所在地 兵庫県  神戸市中央区楠町7-5-2
電話番号(代表) 078-382-5111
電話番号(外国人案内用) 078-382-5111
ホームページ(日本語) http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/
ホームページ(英語) http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/e/index.html
ホームページ(英語・IMCC) http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/imcc/en/
ホームページ(中国語・IMCC) http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/imcc/cn/
認証履歴 AI0058/2019年04月03日/Ver.2.0
※実際に受診を希望される場合、医療機関に事前にお問合せください。

審査結果


認証番号 認証日 バージョン
AI0058 2019年04月03日 Ver.2.0
■外国人患者受入れに関する取組み
【外国人患者対応部署】インタナショナル・メディカル・コミュニケーションセンター(IMCC)  【主な対応可能言語】英語    【食事対応】選択食:対応可能 / 特別食:対応可能  【支払い方法】クレジットカード・デビットカード:対応可能
■総括
歴史的に見ても異文化が根付いている神戸市の拠点病院として、医療の国際化に対応すべく、病院長のリーダーシップのもと、IMCC(International Medical Communication Center)が中心となり、柔軟かつ積極的に外国人患者の受入れの体制を構築している病院です。神戸市の外国人在住者数も増加している中、在留外国人に対応できるよう、様々な整備を行いつつ、医療産業都市を目指す神戸市と連携し、中核的な医療機関として、IPRD(International Patient Reception Desk)を窓口とする安心で高度な医療を提供できる海外渡航医療を積極的に推進している国際病院です。病院内においては、近々IMCCがインバウンド、アウトバウンド、教育・研修について総合的に対応するセクションとなるべく、センター長が中心となり、センタースタッフやワーキンググループメンバーとともに、各種講習会などを積極的に実施し、院内の様々な改革を進めています。英語を中心にホームページの整備や各種書式の整備がなされ、医師を中心に英語を話すスタッフも充実しています。また、中国語に関しても、神戸市の姉妹都市である天津市と積極的に交流しながら情報収集を行っているとのことですので、今後は在留・訪日双方の中国人患者に対応できるよう、各種体制を整備されることを期待します。院内の各種表示などについては、患者が理解でき、安全かつ安心して医療が受けられるよう、イラストを活用するなどして、よりわかりやすものとするように工夫していただくことが望まれます。また、コミュニケーションツールの活用や通訳・翻訳の利用についても、各シーンに応じた活用や基準を整備していただき、マニュアル類についても現場に即したものとなるよう工夫され、言語の壁を乗り越えて、質の高い患者-医療者間の双方向コミュニケーションが可能となるよう、引き続き取り組みを続けていかれることにより、一層の飛躍が期待されます。
ページトップへ