ホーム > 認証医療機関検索 > 認証医療機関一覧 > 認証医療機関 審査結果

認証医療機関 審査結果


医療機関概要

医療機関名 地方独立行政法人 佐賀県医療センター 好生館
郵便番号 840-8571
所在地 佐賀県  佐賀市嘉瀬町中原400番地
電話番号(代表) 0952-24-2171
電話番号(外国人案内用) 0952-28-1158
ホームページ(日本語) http://www.koseikan.jp/
ホームページ(中国語(簡体)) http://www.koseikan.jp/sc/
ホームページ(中国語(繁体)) http://www.koseikan.jp/tc/
ホームページ(韓国語) http://www.koseikan.jp/ko/
ホームページ(英語) http://www.koseikan.jp/eng/
認証履歴 AI0062/2019年07月03日/Ver.2.0
※実際に受診を希望される場合、医療機関に事前にお問合せください。

審査結果


認証番号 認証日 バージョン
AI0062 2019年07月03日 Ver.2.0
■外国人患者受入れに関する取組み
【外国人患者対応部署】相談支援センター  【主な対応可能言語】英語    【支払い方法】クレジットカード:対応可能
■総括
佐賀県医療センター好生館は、地域の基幹病院として地域に密着した医療を実践されている医療機関です。急な外国人患者の来院があっても即応できるよう、総合受付にトリアージ可能な看護師とコンシュルジュを常時配置するスタイルは、他の医療機関にとってもお手本になるような取り組みです。また、外国語による電話対応を可能にするため、外国語対応可能な電話交換者を配置するなど、積極的な体制を取られています。また、薬剤部や栄養科など、外国人患者への宗教的な配慮について積極的に取り組まれている部署も複数ありました。実際の外国人患者、特に外国語対応が必要な患者がまだまだ多くはないため、外国人患者対応の実績の集積を、業務改善に反映させるPDCAサイクルの取り組みにまでは至っていませんが、今回のJMIP受審を期にして、一人ひとりの外国人患者からの意見や課題を抽出し、業務改善につなげて行かれることを期待しています。そのためにも患者と職員の双方から有効な手段で情報を収集する仕組みを整えていくと良いでしょう。昨今の働き方改革において、医師の負担軽減策は外国人患者の診療場面においても重要であり、外国語対応が必要な患者に対して、「医師による(または医療通訳者を介した三者間による)口頭説明」に過度に依存する事は、医療スタッフへの負担増になります。定型的な内容の説明については、「定型文」や「フォーマット」などを準備しておく事により、医療者による説明の標準化(過不足のない説明)と理解度(質の担保)をより深めていく事が可能となり、互いの齟齬を減らし、ひいては外国人患者の医療安全向上と医療訴訟等の抑制にもつながるものと思われます。全体的に共通して言えることとして、「リスク管理」がやや緩いように思えました。通訳・翻訳や未収金、立入禁止の危険区域に関するリスク管理や、書面の準備、医療安全体制の確立、訴訟対策、教育研修などは、リスク管理上避けて通ることはできません。これらの取り組みについては、定期的な見直しをされることが重要です。貴院が目指す外国人受け入れ方針を実践すべく、外国人患者への配慮などに積極的に取り組まれている複数の部署があり、また、少数の担当者が積極的に体制整備され、努力されている姿を強く感じる反面、せっかく整備されている内容が、職員や職種によっては十分に周知されていない面もあり、部門間・担当者間での温度差を感じました。ぜひ、外国人患者担当部門、その他積極的に取り組んでいる部署等がリーダーシップを発揮し、さらに外国人患者受け入れのための、病院全体での体制向上を図られることを期待しています。
ページトップへ